防犯の心得

防犯については、簡単にできることですから、すぐに実践してみることが大切です。

スポンサードリンク

・盗まれるケースが多いこととして、車に鍵をつけたまま車外へ出ることが挙げられます。
「コンビニに入るだけだし、少しの間なら大丈夫」「すぐそばのポストに郵便物を投函するだけだから、エンジンかけたままで大丈夫」など楽観的に考えず、必ず鍵を抜きロックをかけてから車から離れましょう。

・運転中の暑さや、空気の入れ替えなどで窓を少し開けた場合は、駐車した際すっかり忘れてそのまま車から離れてしまうということが多いと言われています。
また、真夏に駐車する場合なども空気がこもらないようにと少しだけ窓を開けたまま駐車する方も多いのではないでしょうか。
このような状態にしておきますと、その隙間から鍵を開けられてしまいます。
車から離れる際は、鍵だけではなく窓もきちんとしまっているかどうかを確認しましょう。

・窓をしっかり締めていても窓を割られて中を荒らされるというケースもあります。
しっかり鍵をかけ窓も閉めていたにも関わらず、運転席の窓ガラスを割られて中に置いていたパソコンやデッキ、現金などを盗まれてしまうことがあります。
このような事態は防げないわけではありません。
最近では、少しの振動でも作動してサイレン音を鳴らして犯人を威嚇するグッズも出てきていますので、それらを活用して車上荒らしから愛車を守りましょう。

・ドアとトランクのカギが兼用となっている場合は、特に注意が必要です。
最近の犯行手口として、トランクのシリンダーを外し、それを利用して合鍵を作るというケースが多くなってきているからです。
トランクの鍵穴をつぶすわけにはいきませんから、そのような事態にならないようにトランクが開いたら鳴り出すような防犯装置をつけることをお勧めします。
カー用品店で防犯専用のものを購入しても構いませんし、最近防犯グッズとしても人気の高い防犯ブザーや携帯用のアラームなどを使ってもよいでしょう。

・普段車を停める際は、なるべく人目に付きやすく人通りの多いところが良いでしょう。
これだけで、防犯対策の一つになります。
例としては、なるべく駐車場出入り口において落ち着いて犯行できないような場所がお勧めです。
また、料金所の付近なども必ず人が立ち寄る場所ですからお勧めです。

・やむを得ず駐車場を借りる場合も、まわりの環境に気をつけて選ぶことをお勧めします。
夜中もきちんとした明りの確保があって、人通りの多い場所を選びましょう。
明るさと人通りは犯行場所としては最も嫌われる場所ですから、防犯対策に有効です。

このように、防犯対策は誰にでもできる簡単なものです。
少しの注意や配慮によって愛車を守ることができますので、ぜひ実践してみましょう。
また、まわりの方にもアドバイスとして教えても良いでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

盗難率
最近、自動車の盗難が年々増加傾向にあります。 2000年以降から急増しており、そ......
有効な対策
盗難車は人気車種を中心に被害にあっております。 特に、BMWやベンツなどの高級車......
どう対処するか
さて、最悪な事態が起きた時、どう対処すれば良いのでしょう。 あなたは、いつものよ......
盗難保険
ここ数年、車両盗難件数が増える一方で検挙率は低下するばかりと言われております。 ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

車の防犯 丸ごと情報:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kurumabouhan.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。