防犯大国 カナダ 1

日本に比べますと、海外のほうが防犯対策はしっかりととられており、防犯意識も高いと言われています。
日本もいつか海外並みの防犯対策と防犯意識が必要になるかもしれません。
ぜひ参考になさってください。

スポンサードリンク

カナダのバンクーバでは、年間の盗難車の総数は約1700台と言われています。
これは、一日に約40台以上の車が盗難に遭っているということになります。
盗難だけではなく、車上荒らしやいたずらについては1日100台以上とも言われており、このような状況では防犯対策は必須になるでしょう。
車を窃盗する犯罪者の大半はスリルを求めることが多く、スピードを出して無謀な運転により全く関係のない人々に怪我をさせ、最悪の場合は殺してしまうことも

あるそうです。
自分の愛車が原因で事故や犯罪につながり、誰かが傷つくということはとても悲しい出来事でしょう。
カナダの人々はそれを防ぐために、防犯対策をしている人が多いそうです。
しかし、盗まれるという実情が変わらないということは、今もなお得に対策もせずにいる人たちがいるからです。
対策をしない人々が悪いというわけではありません。
しかし、防犯対策は未然に防ぐことが目的なわけですし事故や事件は起きてからでは遅いのです。
統計では、一度盗難に遭った車が奇跡的にも発見された場合、そのあとに防犯対策をしないという人も多いようです。
そのようにセキュリティ対策のなされない車が再び盗まれるという事態は起きやすくその割合は平均以上の確率ということです。

カナダでの車の防犯対策をご紹介します。

・車を離れる際は必ず鍵を外しましょう。
スペアーキーを車の中や、車の下に隠している人も多いそうです。
鍵の置きっぱなしは自身の不注意に他なりません。
うっかりということもあるかもしれませんが、大切な車を守るためですから鍵の扱いには十分注意が必要です。

・車の中には出来るだけものを置かないようにしましょう。
シーツやタオルがあれば、その下に何かあるようにも感じさせます。
貴重品や現金も車は金庫にはならないので、必ず持ち歩くようにしてください。

・車は人通りの多いところや明るいところ、店舗の出入り口など盗まれにくそうな所に駐車しましょう。
住宅街であっても裏手のほうや道沿い、地下駐車場、明るさが確保されていないような場所は大変危険度が高いので避けてください。

・行楽地やショッピングセンターでよくみられる光景として、買ったものをトランクに置いておく行為です。
確かにまだ買い物を続けるのであれば、邪魔になりますし置き場所として車の中が最適と思われるかもしれませんがこれは大変危険です。
トランクなどに入れた場合は意外と簡単に開けられてしまいますし、それが地下駐車場である場合は盗まれる危険度はかなり高いのです。
荷物はなるべく小さいものから買う、店舗のロッカーを使う、お店に取り置きしておいてもらうなど扱いに注意してください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

防犯大国 カナダ 2
最近、カナダのバンクーバ付近ではガレージ強盗が増えています。 この状況に地元の警......
イタリアの犯罪ケース
一般的に銃を持たない日本とは違ってイタリアは銃社会でもあり、車の強盗などは車を失......
ドイツの犯罪ケース
ドイツは犯罪率が高い国とも言われています。 原因としては麻薬のまん延や失業率が高......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

車の防犯 丸ごと情報:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kurumabouhan.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。