防犯大国 カナダ 2

最近、カナダのバンクーバ付近ではガレージ強盗が増えています。
この状況に地元の警察は、住民に注意を呼び掛けているということです。
ガレージ強盗は、ガレージという閉じた空間の中で人に見られることがなく、強盗にとっては犯行しやすい場所と言えるでしょう。

スポンサードリンク

犯行手口としては、運転手が車から離れたところを狙ったものが多く、運転手がガレージを閉める際に気づかれないように近づきシャッターが完全に閉じる前に

ガレージ内へ入り込むというものです。
地元警察は、自宅に戻る際などは車の後ろに注意し誰かにつけられていないかよく確認することを呼び掛けています。

もし、誰かにつけられているようであれば決してそのままガレージに入ることなく、最寄りの警察所へ行くか通報するなどの対策を呼び掛けています。
また、ガレージは密室になると大変危険です。
ガレージを開ける際はまわりに不審な車や不審な人物がいないかどうかをしっかり確認した上で開けることです。さらに、ガレージを閉める際もシャッターが完全

に閉まるまで見届けてからガレージから離れることも呼びかけています。


カナダの車強盗犯は短時間で、簡単に盗みやすい車を好んで狙うと言われています。
ですから、新しい車ではないから大丈夫というわけでも、高級車ではないから狙われないというわけでもありません。
盗まれやすい車は、防犯対策をしていないものが多く、防犯対策をしている車と比べますとかなり高い確率で犯罪にあっているということです。

つまり、防犯システムがなされているかどうかで犯罪に合う確率が変わってくるのです。
日本と同様にカナダでも、防犯システムをしている車は保険料を優遇されるということですから導入することをお勧めします。
また、防犯システムは1種類よりも2種類、2種類よりも3種類というようにより多くを設置したほうが安全性は高いと言われています。
ご自身に合ったものをいくつか組み合わせるとよいでしょう。
警報器を設置しますと、犯人はもちろんのこと周囲の人々にも危険を知らせることができます。
ステッカーやカメラなどは外から見ても防犯対策がとられているとわかりやすいですので盗まれにくいと言われています。
また、タイヤやハンドルロックなどの装置は頑丈なものが多くカギがなければ取り外すことは不可能と言われていますので車自体を盗まれることを防ぐことができるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

防犯大国 カナダ 1
日本に比べますと、海外のほうが防犯対策はしっかりととられており、防犯意識も高いと......
イタリアの犯罪ケース
一般的に銃を持たない日本とは違ってイタリアは銃社会でもあり、車の強盗などは車を失......
ドイツの犯罪ケース
ドイツは犯罪率が高い国とも言われています。 原因としては麻薬のまん延や失業率が高......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

車の防犯 丸ごと情報:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://kurumabouhan.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。